2009年 08月 02日

親孝行な息子。

皆さん、お久しぶりです。
出産して2週間が経ちました。

ここに出産の記録を少しだけ残しておこうと思います。

7月16日。
この日、お休みだったパートナーが遊びに来ました。
次の日の17日が予定日だったので、一応来てもらいました。
初産は予定日を過ぎる・・・と良く聞いていたので、二人とも17日にあまり期待はしていませんでした。

16日は母もお休み。
みんなで美味しい物を食べて、お風呂にも入りに行って・・・。
これで、明日陣痛が来ても大丈夫だね~なんて言ってました。

この日は1ヶ月ぶりに会ったパートナーとゆっくり話して。
babyちゃんと3人でゆったり過ごしました。


7月17日。
母は朝からお仕事。
パートナーもこの日はお仕事なので、産まれない限りはお昼には家を出る予定でした。

午前7時頃。
パートナーがお腹をなでながら「アッパもう帰っちゃうよ~」と一言。
この時点で、な~んにも兆候はなし。

そして、パートナーは玄関を出て外へ、私はトイレへ。
外に出たパートナー、曇りだったこの日、一瞬だけ太陽が見えたんだとか。
その太陽に向かって、babyちゃんに会いたいと願ったと言ってました。

そしてトイレに行った私。
あれ、なんか破水っぽい??

すぐにトイレから出て、パートナーの元へ。
なんだか破水かも・・・という話をして、とりあえず病院へ電話。
ご飯を食べてから病院に来てくださいという事だったので、食事をして祖母と三人で病院へ。
パートナーもこの日は仕事を休む事にしました。

午前8時40分。
診察を受けて、そのまま入院。
11時まで陣痛が起こらなければ、促進剤を使用するとの事。

結局11時までに陣痛は起こらず、昼食後促進剤の点滴を開始。
10分後には陣痛が始まりました。

病室の前の廊下を、優しい看護婦さんとパートナーと三人で行ったりきたり。
途中で診察をしたり、看護婦さんが足を温浴マッサージしてくれたり。

午後3時頃には母も病院に到着。
母とパートナーに見守られながら、私は陣痛と戦ってました。

午後7時半頃。
陣痛の間隔も短く、私の痛みも最高潮!!
2度目のナースコールを押して、いよいよ分娩室へ。

いきむこと三回。
けど、なかなかbabyちゃんが出てきませんでした。
なんど、「babyちゃん、もう少しでオンマに会えるよ~」という思いで、
「もう少し、もう少し」と口にしてました。

そして、4回目。
babyちゃんが出てきてくれました。
そして、すぐに「オギャーオギャー」と元気な泣き声!!
その泣き声と一緒に、私も泣きました。

babyちゃん、やっと会えたね・・・。

分娩室に入ってから18分。
元気な男の子の誕生でした。

分娩室の外では、母とパートナーが待機。
後から聞いた話ですが、二人で号泣したんだとか・・・。

出産から1時間後。
母とパートナーが分娩室に入ってきました。

母からは何度も「お疲れ様」の言葉。
パートナーは「ありがとう」の言葉。

babyちゃんも、アッパとハンメとやっと会うことが出来ました。
みんなみんなあなたに会うのを楽しみにしていたのよ~。

そして、アッパであるパートナーから名前の発表。
「宋太仁」と力強くアッパが呼びました。

こうして、7月17日この世に「宋太仁」が誕生しました。
d0071229_1116236.jpg

分娩室で撮った、初めての親子写真。
三人で手を握っている写真です。

7月17日。
朝から長い一日でした。
アッパの「帰っちゃうよ~」の声が届いたのかな?
アッパがいる日に産まれて来てくれた太仁。
本当に親孝行な息子です。
今、この文章を書いていても涙が出てきます。

d0071229_11185015.jpg

病院でオンマと6日間過ごして、実家に戻りました。
日々変わっていく息子の顔。
日々増えていく表情の豊かさ。

たくさん泣いて自分を主張し、ニコニコ笑って私達を癒してくれる。
毎日が感動で始まり、幸せを感じながら過ぎていきます。


2週間経って、顔も一回り大きくなりました。
d0071229_11214326.jpg


今週は3週間ぶりにアッパとのご対面の日。
太仁、可愛い笑顔をた~くさん見せてあげようね!!
[PR]

by bisyoku-dogen | 2009-08-02 11:23 | my family


<< 1ヶ月。      誕生 >>