美食kitchen 

bisyoku2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 18日

パンを焼く。

震災が起きてから、毎日色々な事を思い、考えさせられてます。

被災地である中学生の女の子が言った「私達は今まで裕福だった」という言葉。

本当にその通りです。
暖かい家があり、家族がいて、食べるものがある。
それだけで、私達は「裕福」なんだと改めて気付かされました。


地震が起きてから、私達に出来る事といえば、節電だったり、買い占めをしない事だったり・・・
本当に小さな事しか出来ないけど、自分の出来る事を精一杯。

東京のスーパーでは相変わらず品薄状態。
コンビニのパンコーナーは毎日ガラガラ。

昨日、コンビニの前を通ったら、「食パン入荷しました」の貼り紙が。
こんな貼り紙始めて見たな。
デパ地下の美味しいパン屋さんも、私の帰宅時間にはいつも空っぽ状態。


被災地に一つでも多くのパンを届けて欲しいから。
私に出来るもう一つの事。

パンは買わない!

節電の事を考え、パンを焼く事を考えてました。

毎日生活をしていて、ニュースで流される報道を見ながら毎日不安の中で生活をする。
けど、私達は生きている。
テインは日々成長してるし、パートナーを元気に仕事へ送り出さないといけない。
食べないと、元気もでないのです。

家族と、元気があれば何でもできるような気がします。
涙を流すのは止めて、前に進まないと!

だから、パンを焼いてます。

d0071229_1240511.jpg

これは、テインの大好物マンゴー入りライ麦パン。
今朝も一つぺロッと食べていきました。


今月は、お教室も全て中止となりました。
お教室の生徒さんからのメールで、「パンを買わないで焼いてます。」とのメール。
とても、心が温まりました。

明日からの連休、我が家は小さなパン工房に。
電力の事も考えなら、数種類のパンを焼いて、近所の家族達へ。

美味しい物を食べて、笑顔と元気を取り戻してもらえれば。
それが、私に出来ることの一つかなと。

今までと同じように、食べてくれる方の笑顔を思い浮かべながら、
パン作りしようと思います。


d0071229_12502680.jpg


地震後の最初の日曜日に出掛けた豊洲公園での一枚。
お台場へ向かう船を見ながら何を思っているのか・・・。


大事な子供達が、笑顔で過ごせる未来を!!そう願う毎日です。
[PR]

by bisyoku-dogen | 2011-03-18 12:55 | パン


<< 我が家の名画。      3月11日。 >>